残業が少ないアニメ業界の求人

アニメ業界転職TOP >> 条件別の求人 >> 残業が少ないアニメ業界の求人

残業が少ないアニメ業界の求人

アニメ制作の仕事にはほとんど残業という概念がありません。残業という概念よりも、「定時」という概念がありません。それは制作の現場は時間に関係なく稼働しているからです。もちろん深夜帯は制作も中断されますが家に帰っている暇がないという人も多く、会社に泊まり込む人が多いのが現状です。中小のアニメ会社の中には残業代も出さないいわゆる「ブラック」の会社もあるようですが、多くの会社ではこうした激務に対して給与や福利厚生などの待遇面で社員をフォローしています。残業が少ないアニメ業界を目指すのであれば、制作を中心とする中小のアニメ会社ではなく、制作会社の元請となる大手のアニメ会社への就職検討した方が良いでしょう。

また、正社員にこだわらないのであれば「派遣社員」という働き方で残業を減らすこともできます。制作会社にもたくさんの派遣社員が働いています。派遣社員は労働時間などが派遣条件の中で決められていますので、残業があったとしても正社員ほどの量ではありません。では、契約社員はどうかというと、正社員と同じくらい残業があるのが現状のようです。契約社員は会社と直接契約している社員です。労働契約の中に明確な残業の規定がなければ正社員と同様に残業を求められることもあるのです。制作ではなく事務方の仕事でアニメ会社に就職すると、制作スタッフよりは残業時間が激減します。制作という仕事にこだわらないけれどアニメのそばで仕事がしたいと考えるのであれば、職種を選べばよいのです。ただし、このような求人はとても倍率が高いものになることが予想されますので、面接に対するきっちりとした対策が必要になります。

アニメに関わる仕事で残業を少なくしたいと考えるのであれば、フリーランスのアニメーターになるという方法もあります。もちろんアニメーターとしての実力が問われますが、決められた納期の中で仕事をするので仕事の進め方は自分次第です。そのため残業という概念がありません。仕事の量を自分で調整できるようになれば激務からは解放されるでしょう。

どうしても制作に関わりたいが残業時間が気になるという人は面接の時に、今働いている社員がどのくらい残業しているかを確認してみましょう。中には残業を少なくする努力をしている会社もありますので、事前に確認して残業時間を把握しておくようにしましょう。残業は少ない方が良いと伝えるのも良いのですが、残業が多い会社であれば採用される可能性は低くなってしまいます。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.