アニメ業界の定年・リアイア年齢

アニメ業界転職TOP >> コラム >> アニメ業界の定年・リアイア年齢

アニメ業界の定年・リアイア年齢

一般企業で働くと、定年退職の年齢は60歳にしているところが多いです。しかし、最近では60歳でもまだまだ若い人が多く、定年を延長しようという流れになってきています。定年というと60歳と決まっているものだと思っているかもしれませんが、定年の年齢は企業によって様々なのです。ただ、定年退職の年齢の下限60歳と決められているので、多くの企業がそのようにしているのでしょう。60歳で定年退職した後も、希望者は65歳まで継続して働ける継続雇用制度を使って引き続き働いています。では、アニメ業界はどうなのでしょう。

アニメ業界は契約社員や派遣社員が多く、定年まで勤めるという人はほとんどいません。会社としては定年を60歳に設定し、希望するのであれば引き続き働いてもらうようにしているところが多いです。特にアニメ業界は定年まで勤める人はごく稀で、早い人では20代後半でリタイアしてしまうこともあるようです。アニメーターはフリーで仕事をしている人が多く、ある程度有名にならないと仕事が入りません。フリーだと定年もリタイア年齢も自分で決めれば良いのですが、アニメ業界はとても厳しい世界だと言われており、アニメーターとして有名になれないとわかったらできるだけ早い段階で転職を考えるようです。転職も年齢を重ねるごとに難しくなりますから早い決断をする方が良いでしょう。

アニメ業界でもプロデューサーやアニメ作品の監督であれば定年まで、あるいはそれ以上になっても働ける可能性はあります。アニメーターなどの絵を描く側は厳しいと考えておきましょう。若い時代に苦労しながら経験と技術を積むことができると、動画制作から原画担当、作画監督へとステップアップすることも可能です。監督までになると収入も安定し、かなりの高収入が期待できます。定年やリタイア年齢も関係なく働き続けることが可能です。アニメ業界は、若い時に大変な苦労をするものですが、この経験をした人がアニメ業界で成功するとも言われています。アニメ業界で成功するのはほんのひと握りとも言われていますが、自分は成功するのだと強い意志を持ってアニメの世界に飛び込みましょう。アニメ業界で定年まで勤めようと思うなら、厳しい若手時代を乗り越えなければいけないのです。非常に過酷で厳しい世界ですが、アニメが好きで良いものを作りたいと熱意を持って取り組み、乗り越えて成功する人もたくさんいるので諦めないでください。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.