アニメ業界の人間関係

アニメ業界転職TOP >> コラム >> アニメ業界の人間関係

アニメ業界の人間関係

アニメ業界も個性のある人たちの集まりであるため、少なからず人間関係のトラブルは生じます。上司への不満が募ることもあるでしょうし、新人であれば仕事が上手くいかずに怒られることも少なくありません。他業種でも人間関係が原因で仕事を辞めてしまう人がいるように、好きで入ったアニメ業界の仕事も人間関係がネックとなって辞めてしまう人も多くいます。アニメ業界の離職率が高い理由には、業務内容がハードであることが挙げられますが、人間関係が要因となっていることもあるでしょう。

アニメ制作会社の中にも、沢山の職種がありますが、中でも人間関係でストレスを抱えるのは制作進行でしょう。20分程度のアニメを1つ完成させるためには、およそ9600〜12000枚程度の絵が必要とされています。もちろん、この膨大な量の絵を一人で完成させることは至難の業なので、複数のアニメーターが担当することになります。アニメは大抵毎週新しい話を放送するため、期日までにアニメーターに作業を完了してもらわなければ、その後の作業や撮影にも影響が生じます。このアニメーターたちをまとめて、期日までに作品を揃えるのが制作進行の仕事になります。中には期日までに完成していないアニメーターもいるため、彼らを急かす必要もあります。遅れが生じた場合には、関連する人たちに状況を説明し、その後の日程を調整する必要もあります。期日に納品できない場合には、自分の責任ではないものの、上司から怒られ精神的に追い込まれたりもします。制作進行には、相手をやる気にさせて動いてもらう言い方や伝え方を心がけることが求められます。

制作進行は人間関係でトラブルが生じやすい職種ではありますが、最初の辛い時期を乗り越えて、年数を重ねていくならば、徐々に良い人間関係が構築されて働きやすい環境に転じることもあります。どの人は仕事が早く、誰がヘルプに回れるか、必要な情報を伝えるためには誰に連絡すると良いかなど、長年の経験を通して自分に動きやすく現場を回すことができます。またアニメーターとの信頼関係もあるので、新人時代よりも関係がギクシャクすることは少なくなるでしょう。

新たに信頼関係を築くのは簡単なことではありません。時間もかかりますし、エネルギーも必要です。どれだけ努力しても、相手が自分を受け入れてくれない事もあります。その時には、仕事上の関係という割り切った考え方をすることも必要でしょう。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.