アニメ業界の男女比

アニメ業界転職TOP >> コラム >> アニメ業界の男女比

アニメ業界の男女比

アニメ業界の仕事といえば、アニメーターがまず浮かびます。アニメ業界の中でもアニメーターは低賃金だと言われており、それでアニメーターという仕事が注目されてしまっているようです。アニメに関わる人というのは、男性、女性どちらが多いのかも気になります。アニメーターの仕事とはどんなものか、アニメ業界で働く男女比について見てみましょう。アニメーターというのは、原画マン(絵コンテをもとにして、キャラクターや背景の動きを作る)、動画マン(動きをスムーズに見せるために、原画と原画の間の絵を描く人)、作画監督(絵全体の責任者)を言うこともあれば、絵コンテマン、演出、監督までをアニメーターと言うこともあります。明確な決まりはありません。

アニメーターの男女比ですが、アニメの世界は男性が多いイメージがあります。アニメーターについては、男性6、女性4くらいだと言われています。女性が4割もいるので、決して女性が少ない職場ではありません。仕事の種類によっても男女比は変わります。例えば作画では男女比は半々くらいですし、制作になると男性の方が少し多いかなと言う程度です。ただし、大手のアニメ制作会社では、制作は女性の方が多いとも言われています。

今は、どんな仕事でも男性、女性の区別はほとんどありません。やりたいと思った仕事をどんどんやるようになってきていますので、昔は女性がほとんどいなかった職場でも女性が進出しています。今は女性の方が積極的にどんな仕事にも取り組んでいるのかもしれません。アニメ業界でも、これからはどんどん女性の方が増えていく傾向にありますので、アニメ業界で働きたいという女性は、自分のスキルをアップさせる努力をし、求人情報を集めるようにしましょう。アニメ業界の求人情報はインターネットだけに頼るのではなく、新聞の求人広告欄や折り込みチラシ、無料で配布されている求人誌、ハローワークなど、あちこちに情報があります。

大手の会社でなくても良い仕事ができるところがあり、大手でないところは人材不足なので採用が決まりやすいのもポイントです。アニメの仕事は、実際に現場で仕事をしないと上達しません。スキルアップを望むのならとにかく現場で数をこなすことが大切です。小さな会社だと仕事が多く、激務になりがちですがやりがいを感じることも多いです。残業が多い、休みが少ないとなると家庭を持った女性が続けにくいので、少し女性の割合が少ないのかもしれません。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.