アニメ業界への再就職

アニメ業界転職TOP >> コラム >> アニメ業界への再就職

アニメ業界への再就職

アニメ業界における再就職は、職種によってはそれほど難しくはないでしょう。前職での職種にもよりますが、経験者であることで優遇される可能性もあります。とりわけ前職を円満退職することができれば、それまでに構築されている人脈をそのまま活用することができるため、再就職後はより仕事がしやすい環境になるでしょう。

再就職がしやすい職種には、制作進行があります。アニメーター同士、クリエイター同士を仲介する立ち位置として、制作物を運搬したり進捗管理、人員確保を行います。期日通りにアニメを制作するためには欠かすことのできない職種です。しかし現状では、ハードワークや低収入、人間関係などを理由に離職率が高い職種であることも事実です。そのため、多くのアニメ制作会社では制作進行が人材不足となっている傾向があります。前職でも制作進行の経験があるならば、その際のノウハウを生かして再就職することができるでしょう。どうしたら、アニメーターがやる気になるか、納期に間に合わせるためには今何をするべきか、など新人時代には把握できなかった部分を理解しているため、制作会社側も経験者の採用には積極的です。

アニメーターのスキルを持っているならば、この分野での再就職も比較的簡単です。アニメーターも製作進行同様に、長時間労働になり離職する場合があるため、多くの制作会社で必要としています。しかし制作進行と違い、ある程度の画力が必要とされます。専門学校や制作会社、スタジオで勤務した経験が必要とされます。アニメーターは歩合制で働くため、経験者だからと言って優遇されることはほぼありませんが、復職が可能な職種の一つです。もし前職よりも良い条件での再就職を望むのであれば、人脈を活用することも一つの賢明な方法でしょう。専門学校時代に講師をしていた、制作会社の監督などがいるのであれば、現状を話して働けないか検討してもらえるかもしれません。

営業職や一般事務の職種であれば、アニメ業界未経験者であっても、再就職することが可能です。中小規模のアニメ制作会社であれば、求人雑誌や求人サイトに応募要項を掲載していることも珍しくありません。正社員として雇用される可能性もありますが、やはりアニメ業界の他職種と同様に、収入面では低く推移しています。一般事務であれば、簿記や会計士の資格取得者であれば優先的に採用されることもあります。アニメ業界の再就職の可否は希望する職種に大きく左右されます。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.