アニメ業界の美術(背景)の求人

アニメ業界転職TOP >> 職種別の求人 >> アニメ業界の美術(背景)の求人

アニメ業界の美術(背景)の求人

絵画や風景画の知識

美術(背景を描く業務の方の呼称)はキャラクターの後ろに来る背景の絵を描く業務です。学校のシーンなら教室や廊下、野球のシーンならグラウンドや観客席など、キャラクターがどこにいるのかを示す上で背景は非常に重要で、美術は欠かすことのできない業務です。 当然絵画や風景画の知識が求められます。美大の出身者や高校の美術科卒業者が集まりますが、アニメの専門学校でも学ぶことが出来ます。ただその際はアニメーター職とは別れ、最初から背景を専攻して学ぶようにカリキュラムが組まれています。

転職を考える際は、まず自分に美術的な下地があるかどうかを考える必要があります。また以前は紙に直接作業をしていましたが、アニメのデジタル化が進み、作業はパソコンで行われるようになりました。フォトショップ等で、ペンタブを使っての作業がメインになります

ゼロから絵を描くのではない

背景はキャラクター合わせでパース等を決めるため、最初にアニメーターの原画さんがキャラクターと背景を書き込んだもの(レイアウトと言います)を描かれ、それを元に作業を進めていきます。もっともそれは最初の簡単な設計図程度で、細かいディティールを決めて作業していくのは全て美術の仕事になります。最近国内のスタジオでは海外の下請けに最初の背景作業をお願いし、上がってきたものを修正する、という手法をとるところも多くなりました。

疲弊しがちな現場

背景作業は本来、非常に時間のかかる緻密な作業です。TV1本の作品中、1秒や2秒のカットにもそれぞれ1枚の背景が必要で、作業量も膨大になります。しかしキャラクターが多くのアニメーターの方々で作業されているのに比べ、背景を描く美術のスタッフ数は圧倒的に少ないです。また一度納品しても、現場でのチェックで書き直しを要求されることも多いです。些細な修正であっても、パース変更がかかればすべて書き直しになり、同じ手間がかかります。納品前は昼夜を問わずの作業になりがちです。

そんな美術ですが、会社としての雇用形態や給与は一般企業とあまり差がありません。初任給こそ低めですが、成果主義、能力主義なため、給与もそれに応じて上がっていきます。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.