アニメ業界の自己PR

アニメ業界転職TOP >> アニメ業界の転職の基礎 >> アニメ業界の自己PR

アニメ業界の自己PR

アニメが好き、が大前提

アニメ業界内にはよく、「オタクはいらない」という声が聞こえてきます。アニメばかりを見てきた人は一般常識に偏りがあり、コミュニュケーション能力にも難がある、と思われがちだからです。 しかし実際に業界内にいる人間は、ほとんどが大なり小なりオタク的な側面を持っています。そういうものを表に出さずに入社しても、入社後には隠す必要が無くなり、自由に振る舞えます。

また、平均して年間60〜70本以上のTVアニメーション作品が新作として放送されている現状では、それらの作品を出来る限りチェックして、日々動き続ける業界内の動向を探ることが必要です。 例えばA社の車を売る人間が、同業のB社、C社の新車情報をチェックするのと全く同じことです。 低賃金で過酷な労働時間に耐えるために、最初から「アニメが好き」というモチベーションを持つことはもちろん、業界内に入ってからもその情熱を持ち続けることが非常に大切です。

以前の職種をアピール

アニメ業界は作品の持つ知名度の割に、非常に狭い業界です。特に年数を重ねていくと、業界内の特殊なルールや、一般常識からは離れた認識を持ってしまいがちです。そこに他業種の方が入ってこられると、自分たちの思考が一般常識と離れていることが分かり、新しい風が吹くことになりますので、歓迎される傾向にあります。 特にどの業種でもコミュニケーション能力が高い人は歓迎されるため、営業職や接客業だった方は大いにその能力をアピールすることが有効です。 またアニメーター職以外は必ずPCを使用するため、IT関連の職場にいた方ならその分野で大きくアピールできます。ほとんど使用するソフトは決まっているため、PC操作で戸惑うことは無いでしょう。 また勤務時間が長時間のため、夜勤等もある医療関係や介護関係の方、体力を使う業種にいらっしゃった方も大歓迎です。

「すぐにでも入れます」

アニメ制作会社が募集をかけている場合、新卒以外は急募であることが多いです。年間を通して中途採用面接を行っている会社も多くあります。その場合は万年人手が足りていないことになります。面接の際にすぐにでも入社できる旨を伝えますと、歓迎される傾向にあります。さらに会社の近くに引っ越しも可能であることを伝えれば、非常に好印象を持たれます。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.