アニメ業界の年収相場

アニメ業界転職TOP >> アニメ業界の転職の基礎 >> アニメ業界の年収相場

アニメ業界の年収相場

○アニメーションは儲からない?

 業種によってばらつきはございますが、一概に言えることは一般よりも低めです。これはTVアニメの1本あたりの予算をギリギリまで削った結果であり、70年代や80年代よりは改善されていますが、まだまだ十分とは言えません。作品の求められるクオリティが上がり、関わる人数が多くなっていることも原因の一つです。そのため若いうちは頑張れるのですが、結婚、出産等を考えますと、離れていかざるを得ないのが実情となっています。その改善のためにいくつかの団体が立ち上がり、環境改善を訴えています。 (例:JAniCA等)

○年収の実情

 制作会社によって様々ですが、まず制作は初任給が15万程で、年収200〜300万くらいからスタートします。雇用形態も多くは契約社員で、正社員契約を結ぶ会社はあまり多くありません。ここからデスク、制作担当とキャリアアップすれば給料も上がります。

 次にアニメーターですが、多くの場合出来高となります。動画なら1枚\200〜500、原画なら1カット\4000〜15000くらいが相場です。単価が高ければ高いほどクオリティを求められ、作業効率が落ちます。またこれとは別に、毎月ごとに決まった収入を得ることも出来ます。「拘束 と言って、その期間内に決められた作業量をこなす契約です。拘束の条件は制作側から提案されることで、自分からはあまり言えません。そのため最初は皆出来高です。年収は個人差が大きいのですが、最初は100〜200万くらいからスタートです。もちろん作業量に比例するので、もっと多く稼ぐことも可能です。このように最初は収入があまりに心もとないので、親元から仕送りをもらって生活されている方も大勢いらっしゃいます。

 TPも単価制で、1枚\200程です。しかし会社によってはスキャンと実際に塗る作業とに分けるので、分担した場合はもっと低くなります。これも作業量に大きく左右されるため、収入を年収で表すことは難しいですが、大体250万くらいからのスタートになります。  背景、撮影、編集は基本的に月給制です。給与も他業種と比べて低すぎる、という事はございません。最初は年収250〜300万くらいです。雇用形態は契約が主です。これらも個人の能力差が出てくる職種ですので、その仕事内容によって給与は上がっていきます。

アニメ業界の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2022 アニメ業界転職エージェントランキング All Rights Reserved.